ツイストパーマ情報局 > ツイストパーマヘアアレンジ「やり方と特徴」

ツイストパーマのアレンジスタイル

基本的なパーマスタイルであるツイストパーマは、様々なヘアスタイルへのアレンジが可能です。
主なアレンジヘアスタイルの特徴とやり方を紹介します。

@ツイストスパイラルパーマ

【特徴】
ツイストスパイラルパーマは、パーマをかける度合いにもよりますが、髪がかなりチリチリになるパーマです。かなりのボリューム感が出ます。短髪ならチリチリ感がより際立ち、長髪ならもの凄いボリュームのヘアスタイルになります。
とにかく個性的で、見た目のインパクトが大きいヘアスタイルです。


【やり方】
まず髪の毛を2束に分けます。そしてお互いをくるくると巻きつけてツイスト状態にします(ここでパーマ液を浸透させると普通のツイストパーマになります)。このツイストした状態で髪をロッドに巻きつけていくと、普通のスパイラルパーマより更に複雑な色んな曲線のパーマがかかります。横にねじって更に縦に巻くため、縦横無尽に細かいウェーブがかかります。これを「ツイストスパイラルパーマ」や「ハードスパイラルパーマ」と呼びます。仕上がりの髪がコイルのように見えることから「コイル(ぐるぐる巻き)パーマ」と呼ぶお店もあります。

A針金パーマ

針金パーマ
針金パーマ

【特徴】
パーマは髪を巻くロッドの幅によって、巻きが細かくなったり緩やかになったりします。
ロッドが小さければウェーブも細かくなり、大きければゆったりとした巻きのパーマになります。
このロッドに極端に細いもの、つまり針金を使えば、本当に細かいコイル状の巻きが連なるヘアスタイルになります。これをさらにツイストスパイラルパーマで仕上げると、まるで簡易ドレッドヘアとも言うべき細かいウェーブが沢山かかった仕上がりになります。このヘアスタイルを針金パーマと呼びます。
通常のツイストスパイラルパーマより細かく、ドレッド風の仕上がりで、毛束をほぐすとアフロヘアの様になります。
【やり方】
針金パーマの基本的なやり方はツイストスパイラルパーマと同じです。使用するロッドを針金に替えるだけです。

B「ホイルパーマ」
ホイルパーマ
ホイルパーマ ホイルパーマ

ホイルパーマとは、アルミホイルを使ってかけるパーマで、おおまかなやり方は、毛束をホイルではさみ、折り曲げたりねじったりして施します。ロッドや編み込みでは出せないギシギシした質感が出ます。
ピンパーマと違い、角のある感じのパーマになります。独特の質感が出るパーマです。


C「アフロヘア」「ドレッドヘア」
ドレッドヘア

ドレッドヘア
アフロヘア

アフロヘアとドレッドヘアのやり方を紹介します。
先に紹介した「針金パーマ」で、細いコイルの様にまとまった毛先を、クシ(コーム)でバラバラにほぐして整えると信じられないくらい毛量が増えて見事なアフロヘアーが完成します。

更に髪の毛を少しずつ三つ編みに編むか、よりあわせていくと、ドレッドヘアーになります。全てを編みこまずに一部分だけをドレッドヘアーにしたヘアスタイルはソフトドレッドヘアーと呼ばれます。
アフロヘアーは髪の毛が密になっていないと、だれっとした印象になるので、ある程度の毛量、毛の長さが必要です。
ドレッドヘアーは維持と管理にかなりの手間がかかるのが難点ですが、とにかく個性的で目立つ、注目されるヘアスタイルです。

スポンサードリンク
「ツイストパーマ情報局」〜メニュー